Noise Assembly by Asian Meeting Festival

f980fe0a08c54e5fae8c2962a5446c5020180516152937.png

静寂な森に入り耳を澄ますほどに周りがどんどん騒々しくなる体験をしたことがあるだろうか。それは聴くという行為が私たちを侵入者から生態系の一員として迎え入れられるための儀式だとも言える。ノイズ・アセンブリーではステージも座席もなく、観客はホールに散らばっているミュージシャンの間に座る。「中心」や「理想」のリスニングポイントはなく、音に浸ることで遠くや近くから響きがやってくる。出会ったばかりの音楽家は楽譜も共通語もないままお互いを聴き、反応する。そこにすでにある音楽はなく音楽の未然と生成だけがある。ジャック・アタリは音楽は社会の予言であると言う。ノイズ・アセンブリーは、この予言の到来以前にあるもの、炎を見つめた時に聴こえる音と皮膚で感じる熱である。これは「他者」のノイズではなく、共に聴くことで増幅される「私たち」のノイズである。

AMFは台北コントポラリーアートセンターと協力のもとアジア各国の革新的なミュージシャンとともに1週間に渡る阿里山と台南でのサウンド・ツアーを経て、台北アートフェスティバルとともにノイズ・アセンブリーを二日間開催。台湾から10人と東南アジアから5人の音楽家に加えAMFディレクターの大友良英、dj sniff、ユエン・チーワイが歴史的な中山堂に集う。これまでのAMFのように会場は毎晩再構成され、小さなアンサンブルから大規模なノイズオーケストラまでの様々なサイズのグループでミュージシャンが演奏をしユニークな音体験を創造します。また大友良英と黃大旺(ダワン・ファン)の対談、そして大友氏による誰でも参加できる市民オーケストラも予定しています。

* チケット売り切れが想像されるので日本からお越しの方は早めにチケットを購入してください。チケットはこちら

Day1

日程 2018年9月8日(土) 19:30
会場 中山堂 台北市延平南路98號
料金 800台湾ドル
チケット こちらからお申込みください
メンバー 大友良英(日本)、dj sniff(日本)、ユエン・チーワイ(シンガポール)、ゴ・トラー・ミー(ハノイ)、スダーシャン・チャンドラ・クマー(クアラルンプール)、ワンナリット・ポンパラユン aka ポック(バンコク)、トニー・マヤーナ(ジョグジャカルタ)、エリック・カリラン(マニラ)
Day1出演 王福瑞 / フーレイ・ワン(台北)、スキップ・スキップ・バン・バン(台北)、張欣 / シェリル・チャン(台北)、張惠笙 / アリス・チャン(台南)、劉芳一 / ファンギー・リュウ(高雄)

Day2

日程 2018年9月9日(日) 19:30
会場 中山堂 台北市延平南路98號
料金 800台湾ドル
チケット こちらからお申込みください
出演 大友良英(日本)、dj sniff(日本)、ユエン・チーワイ(シンガポール)、ゴ・トラー・ミー(ハノイ)、スダーシャン・チャンドラ・クマー(クアラルンプール)、ワンナリット・ポンパラユン aka ポック(バンコク)、トニー・マヤーナ(ジョグジャカルタ)、エリック・カリラン(マニラ)
Day2出演 Meuko!Meuko!(台北)、許雁婷 / ユエンティン・シュー (台北)、黃大旺 /ダワン・ファン (台北)、鄭宜蘋 / Betty Apple / ベティー・アップル(台北)、廖銘和 / Dino / ディーノ(台北)

ワークショップ

日程 2018年9月7日(金) 未定
会場 中山堂 台北市延平南路98號
料金 無料
出演 詳細後日